自分でカラーリングするなら

ヘアカラーが一般的になりだした直後、髪を染めるといえば、白髪染めがほとんどでした。 特に家庭用の染毛剤とし売られているものは、白髪染めが主流で、若い人がファッションで髪を染めるときは、美容院やヘアサロンで施すことが多かったように思います。 けれど近年、自宅で髪の毛を染めるのは、年配の方だけではありません。

「髪を好きな色に染める」ということが、おしゃれとして定着するに従って、染毛剤もあらゆる色の、あらゆる世代に向けたものが多種多様に販売されるようになったのです。 特に高校生や20代前半くらいの若い世代の方は、一度は自宅で自分の髪を染めたことがある方も多いと思います。

しかし、自宅で髪を染めるとき、なかなかうまく染められなかったという経験はありませんか? これは、若い世代だけでなく、白髪染めをする世代の方にも言えることです。 例えば、よくある失敗が、色ムラができて、まだらに染まってしまった方。 そして、色が早く落ちすぎてしまった方や、その逆に長く色が染まりすぎてしまったなどの失敗をよく聞きます。

着色期間については、カラーリングの際に商品をよく選ぶことで、比較的簡単に解消することができるでしょう。 染毛剤には、一時染毛剤と呼ばれるカラースプレーから、半永久染毛剤と呼ばれるカラーリンス・ヘアマニキュア、そして永久染毛剤と呼ばれるヘアダイやヘアカラーなどというように、着色を維持する期間によって、いくつもの種類があります。 期間が短いものほど、髪にかかる負担も少ないため、短期間でも染替えが可能になるのです。

そして、色ムラの防止については、ある程度の慣れとテクニックが必要とされます。 基本的に、染色剤は長く触れている方がよく染まります。なので、白髪染めの場合は白髪から染めるように心がけましょう。 また白髪用の染毛剤と黒髪用の染毛剤には、染色に少し違いがありますから、それぞれ自分にあったものを選ぶように気をつけましょう。

AGAの悩みについては、こちら

カラーリングは手間や面倒もありますが、おしゃれは女性にとって心の潤いです。 節度と髪の健康を守りつつ、おしゃれを楽しんでほしいと思います。女性の育毛について、もっと詳しい情報は、左記のサイトをご覧ください。