白髪は抜かないで!

美と若さに関心の高い女性にとって、加齢とともに髪に現れる「白髪」はやはり許せないものです。 白髪を見つけると、ついついプチッと抜いてしまった経験をお持ちの女性もきっと多いのではないと思います。 同じように、枝毛を見つけた時なども、つい抜いてしまいたくなりますよね。 しかし、こういった白髪や枝毛を見つけた時に抜く行為は、実はとても頭皮のよくないものだということをご存知ですか?

髪の毛は、頭皮にある毛母というところで、作られています。 毛根と呼ばれる部分から、栄養を吸い上げ、髪を成長させているのです。 そして、この髪は伸びていく「成長期」と抜け毛になり次の毛が生えるまでの「休止期」という二つを繰り返すサイクルで、髪の毛を保っています。 つまり、毛母は幾度も、何本もの毛を作り出しては抜け毛になり、また作り出すという活動を繰り返しているのです。

しかし、先ほどのように白髪や枝毛を見つけた時に、毛根から髪の毛を引っこ抜いてしまうと、毛母細胞には多大なダメージとなってしまい、最悪の場合次の髪の毛を生み出せなくなってしまうかもしれません。 また、そもそも白髪とは、年齢を重ねるにつれて、色素細胞の能力が衰えてしまったことで、髪の色素が消失した状態の髪の毛のことなのです。 つまり、白髪を抜いたからといって、次に生えてくる髪が白髪でないと決まっているわけではなく、髪を抜くという行為はいたずらに抜け毛や薄毛を促進するだけのデメリットしかありません。

ですから、もしも白髪が気になったときは、抜くのではなく、髪を染めることを優先しましょう。 また、どうしても白髪を取り去りたい時は、抜くのではなく、ハサミなどでカットしたほうが頭皮や毛母に影響が少なく済みます。

白髪になる原因も様々で、まだ解明されていない部分も多いのですが、代表的なものでは遺伝や病気によるもの、栄養不足やストレスなどが挙げられます。 遺伝や病気による白髪は本人の努力だけでは改善の難しい部分もありますが、栄養面やストレスなどであれば、少しずつ回復させる可能性もあるはずです。

くれぐれも「白髪は抜かない!」ということを忘れずに、髪を大事にしていきましょう。