紫外線から髪を守ろう

「髪は女の命」と言われるように、女性であればなおのこと大事にしていきたい髪の毛。 しかし、生活習慣の乱れや加齢によって、どうしても髪の毛のボリュームや若々しさは失われていきます。 できることなら、髪の毛の元気を奪う原因を避けて通りたい!と思いますよね。

突然ですが、みなさんは「紫外線対策」していますか? 夏場、暑いさなかの紫外線には日焼け止めクリームやUVケアの化粧品を。 冬場のきつい紫外線には、長袖の洋服に手袋などなど、紫外線のダメージから白いお肌を守るには、準備に余念がありませんよね。 でも、「髪のための紫外線対策」と考えるとどうでしょうか? あまり気にしたことがなかった!という方も少なくないと思います。

そもそも紫外線は、なぜここまで忌み嫌われるのでしょうか。 日焼けをもたらす紫外線は、私たちの体を構成している細胞に対して「細胞分裂の速度を遅くする」という影響力を持っています。これによって、コラーゲン線維に傷害を与えてしまい、皮膚の老化が進むのです。 そして、私たちの髪を作り出している頭皮や毛母細胞も、紛れもなくこの皮膚の一部です。 紫外線によってダメージを負わされた頭皮は、抜け毛の要因となり、薄毛を促進してしまいます。

また、夏場は紫外線だけでなく、強い日差しにも注意が必要です。 強い太陽光線によって熱せられた髪の毛は、膨張し、普段髪の毛をコーティングしているキューティクルを押しのけて膨らみます。これによって、キューティクルがめくれ上がり、パサパサのダメージヘアを加速させてしまうのです。

こういった紫外線や太陽からの頭皮・毛髪へのダメージを防ぐためには、日陰にいること、帽子や日傘を使うように心がけることがとても大切です。 ただし、あまりにも密閉性の高い帽子をかぶってしまうと、帽子の内側がムレてしまい、毛髪にとっては返ってダメージを加える結果になりかねません。 ですから、帽子を使うなら、通気性の良いメッシュ生地のものを、デザインも少し余裕のある締め付けないものを選んで使うと良いでしょう。